ホーム >>クリエイティブ・ライフ研究会

クリエイティブ・ライフ研究会

クリエイティブ・ライフ研究会とは


クリエイティブ・ライフ研究会は、認知症ケアのあり方について、これまでにない新たなクリエイティブな視点から学び、また検証の場としてグループホーム及び小規模多機能型居宅介護事業所の現場スタッフを中心に平成21年4月発足。

きっかけは外部評価機関である特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会主催の2泊3日の宿泊方式による研修メリットを活かし現場での日常の悩み等の意見交換等を行ったことであった。

さらに、日々の業務と介護理念のジレンマの苦しみの解決の糸口を見つけるため、研修に参加した仲間同士で継続して学び、実践に活かすための研究会を設けた。



事務局  
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通三丁目7番30号 
特定非営利活動法人いわての保健福祉支援研究会内
クリエイティブ・ライフ研究会
電話 019−604−8862  FAX 019−604−8863


書籍の出版

クリエイティブ・ライフ研究会では、「グループホームは家政学そのもの」をきっかけに、「家政学や生活科学と呼ばれる学問を地域密着型サービスとしての認知症ケアにどのように活かすことができるか」を実践したところ、メンバーから「共に暮らすお年寄りに、介護者として構えることなく自然体で接することができるようになった」とされ、「認知症のお年寄りとの生活そのものがクリエイティブであることに気づかされた」とその実践効果が捉えられている。



暮らしを創る〜認知症ケアの新しい視点〜

        

 
 書籍の詳細(ここをクリック
 書籍注文票(ここをクリック)
本書の概要
・認知症ケアの歴史
・認知症ケアの新しい視点
・家政学・生活科学とは
・家政学・生活科学に基づく認知症ケア
・認知症ケアにおける「クリエイティブ・ライフ」への
 挑戦
・人生の終末期をどこで迎えるか
・最後まで「食」のこだわり
・寝たきりでもその人らしさを
・「日課表」を見直すことから始めよう
・共に暮らす利用者に礼を尽くす
・改めて「生活」について考える
・「その人らしい」生活を創りだす取り組み
・ケアの特性を考える、など


執筆者
内出 幸美(社会福祉法人 典人会専務理事)
真嶋 初枝(医療法人社団 真心会グループホーム笹の木 管理者)
山口 美恵子(社会福祉法人 とおの松寿会 地域密着型サービス拠点 長寿庵)
菅川 浩美(流通商事株式会社 グループホームゆうゆう北沢 管理者)
新田 祐子(社会福祉法人 志和大樹会 グループホームゆいっこ 管理者)
       (現在、有限会社 サザンクロスグループホーム宮ノ里 管理者)
川崎 つたえ(株式会社信樹会グループホーム城山の杜 介護支援専門員)
櫻井 正子(医療保人新光会グループホームオリーブの家 管理者)
小野寺 真(社会福祉法人 典人会 法人本部)
伊藤 淳一(有限会社ライフネットワークかのん小規模多機能センター 代表取締役)
大富 和弘(特定非営利活動法人 いわての保健福祉支援研究会 事務局次長)
照井 孫久(東北公益文科大学公益学部 教授 社会福祉学博士)
       (※現在、石巻専修大学 人間学部教授 社会福祉学博士)
発行 2013年9月25日
発行者 クリエイティブ・ライフ研究会
頒布価格 2,500円 送料は別途


 
いわての保健福祉支援研究会